« 2012年7月 | トップページ | 2013年1月 »

*****超怠慢なブログ更新ですが*****

 

超お久しぶりです。 

前回の更新から、早2ヶ月近く経過しようとしていますね。

 

以前の内容で、訳あって制作活動を全くしていない・・・と

書いています。

 

話題が変わりますが・・ごく近い知人の5歳のお子さんが

“小児がん”と診断され、進行ステージもかなりきつめで

その知人が「こんな事になると分かっていたのなら、もっと

家族の思い出を第一に、沢山作るべきだった。」

としみじみ語ったのが

心に刺さり、自分の生活を省みる契機となりました。

 

家を新築して、これから新しいMy Homeで家族揃って

笑顔で灯火を照らして行こうとした矢先に、診断を受けてからは

即日入院、緊急手術、放射線治療、無菌室、一進一退の

検査結果…と就学前の好奇心旺盛な小さな子供には

あまりにも壮絶な治療と長期入院に

なり、知人ご家族も本当に辛かったと思います。

 

その子の状況を聞くまで、私は自身を含めて家族全員が一緒に

居られることが、ごく当たり前の事なのだ・・・と普通に思っており

まして、知人のような過酷な家庭の事情など、露とも想像した事は

ありませんでした。

 

今にして思えば、

当時の私の頭の中は、人形の構想が第一。家族は2番。

多忙な時期は、子供の話は上の空…。

今、作っている人形の衣装の事やボタン。髪の毛。材料の

うんぬん。ふと気付けばそればかりでした。

 

私は他の方と違って全く器用ではなく、没頭すると

他の事に上手く頭を切り替えるスイッチが無いに等しいです。

 

 

ふと、没頭し過ぎて子供の声を上の空で聞いてしまっている

自分に我に返り、知人の・・・

あの、「もっと家族の思い出を沢山作るべきだった。」を

思い出します。

 

知人の出来事以来、テレビなど外部からの垂れ流しの音を

消す事にし、全身全霊で耳を澄まし、この今しか見ることの

出来ない、子供たちの姿を記憶に留めようとしています。

 

今では、あの頃とは想像もつかないほど家族の会話が増えて

起床して、就寝するまで本当に楽しくて仕方がない毎日です。

 

こんなにもずいぶん前から身近にあったのに、

不器用な私に聞こえなかった、見えなかった、分からなかった

幸せな世界いっぱいに身を包まれて今、とても幸福です。

 

こんなに大切な事に気づかなかったんだろうと、

しみじみ思っています。

 

人形は今後も作ってゆきたいと思ってはおりますが、

第一に家族、第二にも家族、第三にも家族。

ほんのちょっとだけ、お人形…のウェイトでやって行きたいと

今は思っています。気が向いた時に無理しない程度に

進めます。

 

今しか、得られない宝物。 

そのうち、子供たちの興味が私から離れて

他の世界に行ってしまってからでも、充分楽しめる

でしょうから。

(^_^)ひらしたけい

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

« 2012年7月 | トップページ | 2013年1月 »