*****  ゆったり暮しています  *****

「学習障害です。“知能障害児”と判定するには、あと1点足りません。」 

と専門家の医師に言われました。 

 

・・・と、いっても色々調べてみてもうちの子は当てはまらない。

 

 

なので、実は息子は学習障害だとは受け取っていません。 

おそらく、4~5歳まで毎日どちらかの耳が・・もしくは両耳が

生後間もなくからの滲出性中耳炎のせいで、耳から入る音がボワン・ボワンとしか

頭に入らなくて、まわりの言葉に反応が出来なかったからのこと。

 

 

 

ならば、今は同じ年齢の他の子供たちとは反応が遅くても致し方

ありません。集団活動の中で出来るだけ早く言葉の理解力が上がって

ゆけるように私が全力で補助してゆくだけです。

 

 

夏休みの間、毎日・毎日、活動時間のほとんどを

8歳の息子を中心に過ごしました。

 

 

学校で提出された宿題をなぜ完成させていかなければいけないのか、

息子が納得するまで細かく噛み砕いて説明をしないと

彼の手と頭は連動しないのです。 

 

 

そのあたりのお母さんよりも私は息子に付きっきりで勉強のやり方や

考え方、解き方などを教えている。

問題集もすべて手作りで・・・・と自負出来るほど。 

 

納得したり、理解が出来ると驚くほど短い時間で出来たり

面白がってずんずん!自分で片づけてゆきます。

そんな時の息子のキラキラとした笑顔を見ると

私の時間も、努力も無駄ではないと。

 

 

乗らないとダラダラ~~~っと夕方になってしまいますが  (^^) _旦~~。

 

 

 

私は彼を授かった時に完全に、“二人目も女の子”と思い込んでおり

5カ月目で男の子と分かった時に、息子に申し訳ないほど落ち込んだことが

ありました。

 

 

今となっては、どちらの性別でも良かったのに周りから

「そんなに落ち込んでは今お腹の中にいる子供さんが可哀想だから

ダメだよ!本人に伝わるよ!」と諭されるほど。  

”もしかしたら‥‥その時の罰を私は今与えられている?…”

そんな考えも、ふとよぎりますが・・・・・・いえいえ!!!!!

私は今、あの時にあれだけ否定してしまった息子だからこそ

息子から今、関わる時間を与えられているのだと思っています。

 

 

そして私は今、息子と山のような沢山の言葉のキャッチボールと

子供の内にしか味わえないスキンシップを楽しみ、

息子から、どんな大きな器にも受け止めきれないような

沢山の愛をプレゼントされていると毎日感じて私は生きています。

 

 

今、本当に幸せな贅沢な時間を与えられていると感じられる毎日です。

 

 

あと数年もすればニキビ面で私を見下ろすだろう息子になるな…。

それも想像すると、今は自分の気持ちも上手に言えないだけに楽しみ!。 

 

きっと、「クソババァ!」と言われる日も来るんだろうな。

そのくらい強い気持ちを持った息子になってくれる事を期待しつつ。

 

 

“願わくば、子供が成人するまでは健康でいられますように・・・・・”

と、神様が本当に居るのならば願いたいくらい幸せです。 

 

 

 

 

 

===半年間===

以前の書き込みから、もう半年も経っているんですね。

半年もあれば、色々な出来事がありました。

 

一つは、スケートをやっている娘が新幹線で通うようになりました。

ETC割引がほとんど無くなり、消費税も上がりガソリンの経費を含むと

子供は新幹線の往復代の方がはるかに安いと気づいたから。 

もう一つは、息子が授業に集中出来なくて、今月専門病院へ検査に行く事になりました。

特に息子の様子が他の子と違い過ぎて、この3年間悩みに悩みまくり

どうしてよいのか・・本当に迷いまくり・・・。

 

 

ただ、思い返せばアレルギー鼻炎が生後間もなくより酷すぎて処方してもらえる

薬もなにせ乳児~小児なので大人並に強く効くものは頂けず

飲ませても、「こんなに小さなお子さんに、これ以上強い効果のあるものは

与える事が出来ないから、お母さん頑張って鼻水を吸ってあげて下さい。」

と言われ、頑張りはしたものの

溢れかえる鼻水にはホトホト困り・・・

 

例外なく生後間もなくから4歳過ぎまで滲出性中耳炎となり

毎日どちらかの鼓膜が全く音に反応しない…という日々を過ごしていて

年長になっても会話がろくに出来ない状態で息子は育ってしまい、

かわいそうな事に、遺伝性の噛み合わせが通常とは違う反対咬合で

発音もきちんと出来ず、息子は自信を持てないまま市が勧める施設の

❝ことばの教室❞に通いもしましたが、あまり進展はみられず・・・・

 

 

1年・2年と持ち上がりの担任に

「オタクのお子さんは長い時間席に着く事は出来ても、言われた事は

何一つ出来ませんよ。」と平然と言われ、

「1対1で話せば我が子は全く出来ない訳ではありませんよね?」

と私が問いかける担任から鼻で笑われました。 

 

当人に聞けば、担任から授業中の廊下に連れ出され眼鏡を手で払いのけられ 

眼鏡がずり落ちたり、体には触れない暴力や暴言を息子は受けていた事が

あとから、あとから出て来るのです。 

 

 

3年生になり、担任も変わりやっと授業態度も落ち着くか…と

思われたのもつかの間、やはり息子は先生の言っている意味が

よく理解できない様子で、授業参観の時にそれを親の私にも分かる状態で

ふと・・・見えてしまったのです。 

 

 

でも、もしかしたら・・・耳が一番大切な時期に殆ど機能していなかったから・・・・

という事が原因で今それがハッキリとした形で出て来ただけの事かも

知れません。

 

重ねて、一番大切な小1、小2の時期を担任から受けた

執拗な暴言と、否定と、体に触れない、跡に残さない形の暴力で

授業に全く集中出来なかったからかも・・。

当時の息子の言葉が

「○○先生の顔真正面から見たり、声を掛けられると頭が真っ白になるの。」

・・・・・・・・・・何が原因なのか、一度の検査ではおそらく結果は出ないと

思っていますが、じっくり付き合う事にして・・・

 

 

息子が小学校に上がってから、毎日が矢のように過ぎて行きます。 

 

今日、ココには息子のマイナス面しか綴っておりませんが、

息子はとても愛情深い子供であり、家族思いの優しい子供であり

自分よりも姉の事を、家族の事を優先に考えてくれる子供であり

私の命に代えがたい大切な存在です。 

 

 

生涯を通して後悔の無いように、愛情を注いでゆきたいと

思っています。  

 

 

今は、ゆっくり子供と膝をつき合わせて私の人生を紡いで行きたいと

感じている今日この頃であります。 

 

 

 

 

 

 

***プロバイダ変更***

現在頑張っているpcが青息吐息なので、全壊する前に

新しいpcに慣れておこうと、新年早々にウルトラブックタイプの機種に

買い替えしたら、まぁ・・・なんとも訳が分からないくらいに進化していて

面喰いました…。SONY、VAIO。フォトショップも扱えるようにと。

OSはwin8.1。

 

今まで主pcがWindows2003だったんで、致し方ない‥とは言え‥

ここまで変わるか?!と言うほど開く形式が違う。

せっかくパソコンに慣れた年配の方は大変かも知れない。

面倒に感じなくなったのは、キーボードとタッチ画面が同時進行で

触れる…ってことかな。^^

 

スタートボタンを押したら“チャーム”が出て来る…とか。。

はっ?!チャームって?!??

でも、Iphone触れる人はそう大変ではないと思います。

 

まぁ、慣れるしかないので。。。がんばろ~~~っと。('_')

*********************************************

***出品中の作品の中のクリスタルレジン***

Kurisutaru2

Kurisutaru1

Kurisutaru4

只今、オークションにて出品中のいもうと姫(野の白鳥より)」の

鳥かご細工は私のつたないオリジナルですが、

その中にはもう一つ、細工がありまして。

  出品中のオークションはこちら

クリスタルレジンで作品に花を添えつつも、ウェイトの役目も

果たしております。 

 

画像をクリックして頂くと、その中身が少しアップで見られるはずなのです。

●2種類のモス(苔:レインディアモス、)

●キリガイダマシ(巻貝)

●鍵のチャーム

●ユーカリの葉

●カシュリナの実

●ブナの実 

●松かさ … などを入れて硬化させています。

 

 

そして、画像では写りにくいのですが・・もう一つしかけがありまして・・・

サンキャッチャーを籠内部に吊るしているので、太陽の日差しを

浴びるとキラキラと虹色の光の粒がお部屋に広がります。

 

 

が…、樹脂粘土系のお人形は日光に弱いのであまり連日浴びさせる事は

苦手ですので、時々、朝の柔らかい光に当ててみて下さい。

 

 

***イブの夜に出品いたしました***

A1_2

D

24日。

手元にもうひとり居るわが子を手放すことに決め、オークションに

出品致しました。

年末ギリギリなので、見て下さる方がいらっしゃるかどうか・・すら

想像出来ないのですが。

ただ今、出品中のオークションです

 

今年中に取り合えず、出品して気持ちの整理を付けたかったのです。 

 

こうやって見ると、出品に使用している画像の色とは色合いが

違うなぁ・・・。実物は、こちら(ブログ)の方が近いです。

アイの色味も。

かなり・かなり の色白な子です。 

グラスアイの美しさに一目惚れし、このアイをどうしても

使いたいがために、購入し・・画像の子のイメージはまったく後回しでした。

ただ、色の白過ぎるくらい白い肌の持ち主にしよう・・・と。

そこだけは決まっていて---。

雪の精のように白い子に・・・と。

 

アイの名前がまた、何とも美しく・・・「フェアリーブルー」とあり、

画像でもかなり心惹かれるものがありました。

 

実際に手にすると、画像よりも更に美しい・・なんとも表現しがたいお色で

このグラスアイを数日間はうっとりと眺めていたのを今でも昨日の事のように

記憶しています。

 

今、こうやって見ていても このアイを手元に持つ事が出来て

本当に幸せだと思っています。 

また、再び制作意欲がメラメラと沸き立つようなグラスアイに

出会える日がある事を願いつつ。

 

***わが子を旅に出す思い***

1_2

2_3

3

ここで書く“わが子”は私の作った作品の事ですが、

先日、オークションで落札下さったわが子を少し手直しして

お迎え下さった方に送り出しました。 

 

梱包を丁寧にしていたら・・・何だか、寂しくなってしまいました。

 

製作当初・・・

大切に。可愛くなれ、可愛くなれ!と私の指の体温で少しずつ

柔らかくした粘土に唱えながら作ったこの子の表情や指先、爪先。

 

横から眺めた時に、きちんと中身がある形に整えるように

でも、頭だけが重くならないように中身は削って・削って・削って・・・・・軽くした。

グラスアイを入れる時にこの子の表情が一瞬で決まる。

 

この子との相性まで、この瞬間に決まる。

愛おしいと思えた時から、ますます作品の表情が良くなるのだから。

 

顔部分に指紋が残らないように、手のひらの温かな体温で

するり・するりと撫で付けてゆく。

 

艶やかになり、その後、熱を入れて硬化させると

数ミリ程中側が透き通って見える。 

海外ではわざわざ赤い糸を血管に見立てて焼き固めるそうな。

 

製作中の子と目が合う瞬間は至福のひと時。

 

この瞬間を味わうと、眠りにつく時間になりベッドに入っても

しばらくは頭が冴えてしまい、眠りにつくのは数時間後・・・なんて事も

ざらなのだ。

 

梱包の箱を閉じる前に、もう一度この子の表情を見た。

“わが子が喜んでいる” これは、私の感情がそう見せる表情。

 

 

 

***柴倉一二三氏 球体関節作品:「ジュエル」をお譲りします***

08

【柴倉一二三氏、作品「ジュエル」をお譲りします】


●頭部、胸部(上部)+肩下から手指先まで+膝上から足指先まで

サーニット粘土にて成形、オーブンにて焼成。

(肘、手首、膝、足首の球体関節作品)

●頭部と胸部は固定されています。

●胴体はクロスボディ。

●身長:約73cm

●保護のためのアクリルボックス付き

(購入直後に横置きの方が関節に負荷がかからず良いだろうと判断し

この子に合うサイズで特注しました。ホコリなど一切かからず綺麗な状態です)

●頬の色が少し抜けていますが、ご希望があれば着色を

私から柴倉先生ご本人にお願いする事が出来ます。

●右手、左手の指が欠損はありませんが、折れています。

(以下の画像でご確認下さい)

内部にワイヤーがあり抜け落ちることはありません。


◆◇◆指の折れについて◆◇◆

柴倉先生のお話では、「当時の粘土の材質が違っているので

色が変わることをお望みでなければ、そのままボンドで固定する方が

見た目の美しさを維持するためには一番良い手段だと思われますが、

指の修理をお望みの場合は、現在生産されているサーニットで

補強する形になりますので、色味がその部分のみ変わってしまう

恐れが十分にある。」との事です。

◇新たに折れた部分を修理する場合=色の変化をお気になさらない事。

◇頬の色が経年後、薄くなる事が予測されますが柴倉先生に

手直しをお願いしない事。・・・・の2点を遵守して頂ける方。

●頬の色の件、指の亀裂の件、いずれもお迎え下さる方の

ご希望により、今回1回限り手直し下さる事を柴倉先生はご承諾頂いております。


●2004年製作品です。本来は
柴倉先生の修理保障の権利は

とうに過ぎておりますので、お迎え後の修理依頼をご遠慮頂く事を

固くお約束頂ける方に限ります。 


【※子供の成長と共に部屋をひと部屋リフォームする事になり、場所の

確保が難しくなってしまいました。大切にして頂ける方にお譲りします。】



詳しくお知りになりたい方は、

メールアドレス⇒tukiekubo_dool_2003あっとyahoo.co.jpまで。



【柴倉一二三氏】

数々の賞を総なめにし、球体関節人形教室やサーニット人形教室を

一手に担う作家様です。 

ご本人のお見かけした可憐で華奢なイメージとは全く逆の、

ダイナミックで、作品の下に筋肉を感じさせてくれる作品を製作なさっています。

私は柴倉一二三作品の表情のすべてがとても好きです。

B

14

07

A

01

02

C

***作ってはいるものの***

 

 

お人形は下のチビが、あまりのお勉強わからんチンで

毎日精神的に手一杯でボロボロ過ぎて、人形を作っていられる

日常の状態ではありません。



チビ息子は小2ですが、「1cm」の“m”の一文字を書くのに

10秒以上かけて、“糞”が(←コレは“クソ”と読んで下さい)が付くほど

丁寧に主役の数字よりもアルファベットを綺麗に書く事に

こだわってしまい、授業すらついていけてない

負のスパイラル状態になってしまい・・・

まぁ・・この拘りが、いつの日かチビ息子の人生にきっと

役立ってくれるもの・・・と信じつつ。





今の小学校の勉強はゆとり教育が廃止され、今までの学年で

勉強していた事が、全部下の学年に組み込まれて

小2年生では(今までの)3年生の算数問題が一部入り、

小5・6年生に及んでは、中学2・3年生の数学が一部授業で

組み込まれるようになりました。




たまたま、流れで入った塾でわが子の学力テストをしてもらったら

計算問題は出来ても、日本人の“応用力”の弱さを我が子ら自らが

露呈してしまい、あまりの平均値の低さに基礎学力の

抜け落ちている事に気付かされ、あわてて私も教え方を

学校の先生から伺って、勉強一本に私の時間を全て当てています。 

 

とても、お人形を作れるような気持ちには
なれない・・・のです。
というか、・・・・切り替えがスムーズにできましぇ~~~ん。

°・(ノД`)・°・

 

とか言いつつ・・・この子は製作途中なんですけど。

B

C

A

・・・ぼ~~~~ち、ぼ~~~~~~~~ち・・・

それこそ、息子の“m”の文字を書くよりも更に遅いスピードで

作り上げるしかないですな・・・。

************ ひら ***************

***春や〜( ´ ▽ ` )ノ***

桜は熊本の山間部では、まだチラホラと花びらが散り始めておりますが、
今年は面白い事に、同じ時期にツクシ・ツツジ・ハナミズキ・藤の花・ヤマブキ
…など、春の花の咲く時期がごっちゃで九州に居ながらにして、まるで北海道の
春の様子です。

一昨日は、阿蘇山に雪が積もり子供たちと急きょ雪合戦を楽しんでまいりました〜。

1

2

***PM2.5***

2

Sora

珍しく、先日は久々に30km先に見える阿蘇の山肌までが

クッキリ見えるほど、空気が澄んで本当に久々の深呼吸が出来る

日曜日になりました。 

 

ふと、気が付くといつの頃からか・・・空が快晴なのに白んでおりました。

思えば、もう2~3年ほど前からそんな状態だったように感じます。 

なにかがおかしい・・・とは肌で感じておりました。

子供の頃とは、数年前までとは違う見え方です。 

自宅から、10kmほどにある小さな山の見え方が山肌は見えるのに

何だか青白みがかった薄いカーテンを引かれたように見えるのです。 

 

それは遠景が汚れて見えるような黄砂とは違います。

ニュースで中国大陸から偏西風に乗って流れてくるPM2.5が

原因だったとリンクしたのは最近のこと。

  

その目印の近くの山が、うっすらと影のようにしか見えない日もあります。

そんな日は、ニュースで基準値を超えている・・と流れます。

毎日、空の様子を見て洗濯物を外に干すかを決めるこの頃です。

 

春節の期間だけは、白んだ空が嘘のように

澄んだ空となっていました。

 

怖いです。

わたしと小一の息子は喘息持ちなもので・・・

 

夏になれば、光化学スモッグの異常発生で、外遊びは控えるように

とニュースで流れます。

 

日本にも空や川や海を汚した過去があります。

それを布石に何故発展を遂げてくれないのでしょう。

わたし達日本人の公害の過去をしっかりと見聞し

前に進んで欲しい・・・と心から願うばかりです。

***********************************************

 

 

 

«*****今年、お初の書き込みですが・・*****